2009年03月22日

ほうぼうの湯引き

何とも愛嬌のある顔をしている「ほうぼう」です

何とも愛嬌のある顔をしている「ほうぼう」です。

大きめな物は高級魚の部類に入るのでしょうが、
淡白な中に上品な脂があって美味しいですよね。

紡錘形で捌きづらいけど慣れれば普通の魚と同じです。
浮き袋と卵は捨てずに取っておきます。
おっと、もちろん頭や中骨、腹骨を漉き取った腹身も…

■ほうぼうの湯引き

三枚に下ろして皮付きのままの柵を熱湯で霜降りにします。
水が流れやすいように斜めにしたまな板に皮目を上にして
置き、湯が身に回り込まないようフキンをかぶせてから
湯をかけ、皮を柔らかにします。

直ぐに氷水に取り冷ましてからキッチンペーパーなどで
水気を拭き取ります。

まな板に皮を下に置き、皮を残すように削ぎ切りします。

■ほうぼうの湯引き

■ほうぼうの湯引き

浮き袋は切り開いて中をきれいに洗い、熱湯でさっと霜降りして
水気を拭き繊切りします。

身を削ぎ切った皮も繊切りします。

器に海草を敷き、身と浮き袋、皮を盛り柚子ポン酢をかけて…
「かんぱ〜い!」
イカン!明日も仕事だ呑み過ぎ注意!!

ほうぼうの刺身

後の半身は皮を引いてワサビ醤油で…

■ほうぼうの煮コゴリ

■ほうぼうの煮コゴリ

鍋に湯を沸かし酒を入れ醤油、砂糖で味を調え
熱湯で霜降りしたほうぼうの「あら」と卵を煮ます。

さっと煮た卵は取り出し「あら」はぐずぐずと良く煮て
旨味を引き出します。

当然卵はお皿に盛ってつまみにします。

煮えたら火を止め、冷ましてから目の細かいザルなどで煮汁を濃して、
タッパなどの容器に移し、骨から身をほぐして入れます。

これを数時間冷蔵庫で冷やして固めれば
もう一品、二日酔いの「もと」の完成です。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 17:36 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ホウボウ

2007年04月28日

ホウボウの柚子〆

ホウボウの柚子〆



■ホウボウの柚子〆

また、ホウボウです。

サバの隣に並んでいたあの珍妙な格好が
可愛く思ってしまい、つい一緒に
買ってしまいました。

メインは〆サバですが、何回か記事にしたので
ホウボウの柚子〆をご紹介します。
と言っても、サバのようにただ酢で〆るだけですけど・・・

手(チョキ)ホウボウのお吸い物

ホウボウは刺身用に下ろした柵に軽く塩を振り、
5分くらい冷蔵庫におきます。

バットに酢、たっぷりの柚子の絞り汁、柚子の皮を入れ、
塩を酢洗いしたホウボウを10分位浸けます。

皮を剥き、刺身に切り分け、〆サバの横に
盛り付け、柚子の皮の繊切りを天盛します。

さっ、ワサビ醤油で・・・
「いっただきま〜す」

手(チョキ)サバの柚子寿司

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 13:27 | 埼玉 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | ホウボウ

2007年04月18日

ホウボウのお吸い物

ホウボウのお刺身

ホウボウのお吸い物



■ホウボウのお吸い物

ホウボウ

頭が角ばっていて、蝶々の羽のようなきれいな胸びれを持ち、
指のように見える胸びれ前方の遊離軟条で
砂の上を歩くそうです。

何とも珍妙な姿をしている「ホウボウ」ですが、
刺身で食べると、チョット淡白だけどコクのある旨みと、
脂がのって締まりのある身が両立して実に旨いのです。

見た目「こんな物が!」と思う物が、いざ食べてみたら
旨かったという事、結構ありますよね。

最近良く魚屋さんで見かけますから、機会が有ったら
是非お試し下さい!

で、何時ものように残ったアラでお吸い物を作りました。

アラだけで出汁をとり味付けは塩のみです。

菜の花を浮かべようと冷蔵庫を覗いたら
黄色く花が咲いてしまったので、急遽
山ウドを繊切りにして浮かべました。

さっ、はやく座って・・・
「いっただきま〜す!」

手(チョキ)真鯛の潮汁

手(チョキ)金目鯛とカブのマリネ

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 17:38 | 埼玉 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ホウボウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。