2009年03月05日

サザエの佃煮

■サザエ

■サザエの佃煮

■サザエの佃煮

サザエは束子で擦りながら流水で洗います。

身を取り出すため熱湯でさっと茹でてから冷水で冷まし、
アイスピックなどで身をわたごとツルット取り出します。

ナイフで蓋を切り離します。

生姜は皮を剥き繊切りします。

鍋にサザエがヒタヒタになるぐらいの水を入れ煮立て、酒、みりん
を加え、繊切りの生姜、砂糖、
醤油を入れサザエを煮ます。

仕上げに蜂蜜を入れるので砂糖は控えめに…

後は煮汁が3分の一位になったら味を調え蜂蜜を加え、
さらに弱火で煮ます。

煮汁を少々残して火を止め冷まします。

器にサザエを盛り柚子皮の繊切りを天盛して…
「かんぱ〜い!」
この「わた」がまた旨いですな〜。

レストラン過去記事「あさりの山椒煮

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 16:35 | 埼玉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 貝類

2008年12月07日

牡蠣のチップソース(西洋醤油)炒め

■牡蠣のチップソース「西洋醤油」炒め

先日、チップソースさんからのご好意で「西洋醤油」を
送って頂きました。
試行錯誤しながら色々料理に使いながら試してみましたが、
この牡蠣料理がベストマッチするみたいです…いまのところ。

■牡蠣のチップソース「西洋醤油」炒め

牡蠣は塩水を何回か取り替えながら、やさしくゆすり洗いして
ザルに上げ、ペーパーなどで水気を拭き取ります。

フライパンに油を熱し、つぶしたにんにくを弱火で炒めて
香りを出します。

焦げてきたらニンニクを取り出し、火を強めて牡蠣を入れます。

蓋をして蒸し焼きにし、水気が無くなり熱が通ったら
「西洋醤油」をまわしかけ、フライパンをゆすりながら
一煮立ちさせれば出来上がりです。

思い切って味付けは「西洋醤油」のみで仕上げてみましたが、
牡蠣の濃厚な風味と良く合います。

興味のある方はこちら→「西洋醤油」のサイト

牡蠣のオイル漬けの際の味付けにも使えそうです。
→過去記事「牡蠣のオイル漬け

まだまだ研究途上です。
他にも上手くできたらまたご紹介しますね。

08120702.jpg

■牡蠣の佃煮

牡蠣は塩水を何回か取り替えながら、やさしくゆすり洗いして
ザルに上げ、ペーパーなどで水気を拭き取ります。

生姜は繊切りします。

一年前に作った実山椒の醤油漬けを包丁で叩いて潰しておきます。
→過去記事「実山椒の醤油煮

小鍋に水を沸かし、酒とみりんを加えて煮立てます。

牡蠣が隠れる位の煮汁に調整して「西洋醤油」、生姜、
砂糖、実山椒を入れ、牡蠣を加えます。

中火の弱火で焦がさないように煮込み、
煮汁が無くなったら蜂蜜を加えて出来上がりです。

火を止めて冷まします。

「西洋醤油」はあまり熱を加えるとせっかくの風味を
損なうようです。
半量を仕上げに加えるべきでした…反省!

でも充分旨い!

今夜はこれで…
「かんぱ〜い!」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 13:50 | 埼玉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 貝類

2008年08月24日

ムール貝のワイン蒸し

ムール貝のワイン蒸し

ムール貝は束子で擦り、汚れを落とします。

足糸とよばれる麻糸のようなひげ(?)を
上下左右に振りながら引き抜き、ザルに上げておきます。

ムール貝のワイン蒸し

■ムール貝のワイン蒸し

鍋(フライパン)に油、みじん切りしたニンニクを
入れ、焦がさぬように弱火でいためます。

充分油にニンニクの香りが移ったら
火を強め、ムール貝、白ワインを入れ蓋をして蒸します。

貝が開いたら軽く塩コショウをしてタップリのバターを
加え、鍋を振り、一煮立ちさせれば出来上がりです。

ムール貝を皿に盛り、煮汁をかけまわし、粗くみじん切りした
パセリを振ります。

それではワインを片手に…
「いっただきま〜す!」

■鯛の鯛

■鯛の鯛

鯛の鯛と呼ばれる骨を束子で良く洗い乾燥させ、甲色になったところでマニキュアを塗りました。早速財布に入れて幸運を待ちます…。
待ってます、昔から…。
ず〜っと。




カマの中のエラに近い部分にある骨の形が、ちょうど魚のような形をしていることから、「鯛の鯛」と呼んで珍重されているのをご存知ですか。江戸時代の書物の中でも「鯛中鯛」として縁起物として紹介されています。その骨は、しっかりと身に食い込んでいるため、身がほろりとはずれる煮魚から取り出すのが簡単とされます。きれいに掃除をし、よく水洗いしてとっておくと、いつのまにかべっこう色に変化します。紙に包んでお財布に入れておくとお金持ちに、箪笥にしまっておけば衣装持ちになれるとか。昨今では、マニキュアでコーティングして保存する人も。

きれいねネットより

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 21:46 | 埼玉 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 貝類

2008年04月13日

カキオイルでカルパッチョ

■カキのオイル漬け

以前にも「カキのオイル漬け」の記事を書きましたが、
そろそろ終わりのこの時期に大きなカキを見つけたので、
早速オイル漬けを作りました。

今回の味付けは豆板醤です。

■カキのオイル漬け

■カキのオイル漬け

カキは塩水を何回か取り替えながらやさしく洗い、
ざるに上げ水気を切ります。

フライパンを熱しカキをカラ煎りします。

カキが焦げ付かないようにフライパンを時々ゆすりながら
どんどん出てくる水分を強火で飛ばします。

今回の味付けは豆板醤です。
ボウルに豆板醤、味噌少々、砂糖を酒でのばして
カキに絡めます。

蓋をしてゆすりながらからめ、蒸します。

汁気が無くなったら火を止め冷まします。

冷めたら広口の瓶にカキを入れ、バージンオイル、
潰したニンニク、小口切りした赤唐辛子、ローリエを加えます。

食べたいのを2〜3日我慢して、浸けこんで…
「かんぱ〜い!」

うん!食べたいのを我慢したかいがあった!

■カキオイルでカルパッチョ

■カキオイルでカルパッチョ

カキを食べ終わった「カキオイル」。
これがまた旨いのです。

塩、コショー、醤油を加えて生野菜にかけたりして
楽しんでいますが、刺身に回しかけてカルパッチョも
なかなかなモンデスよ。

この写真は「ちこ鯛」です。

お皿に並べて軽く塩コショーし、カキのエキスとニンニクの
香りがたっぷりの「カキオイル」を回しかけ、
干して粉にした夏みかんの皮を振り、
柚子皮の繊切りを天盛します。

それでは「かんぱ〜い!」
さっ、明日も頑張るぞ〜?

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 18:03 | 埼玉 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 貝類

2008年03月30日

ホタテ貝の味噌漬け焼き

活け帆立貝

レストラン過去記事「真鯛の味噌漬け

先日も「味噌漬け」にはまっている事をご報告しましたが、
相変わらず飽きもせず、あれもこれも旨そうな食材は何でも
味噌漬けにして楽しみ続けております。

帆立貝の刺身

ホタテ貝の味噌漬け焼き

■ホタテ貝の味噌漬け焼き

その内の一つ、殻から剥いた活帆立貝を味噌床に
一晩漬けてからさっと炙りました。

■牛ステーキ肉の味噌漬け焼

■牛ステーキ肉の味噌漬け焼

ステーキ用の牛肉は包丁の切っ先で筋を切り塩コショーを
して暫くおきます。

作り置きしてある味噌床を指で直に塗り、ビニール袋に入れ、
空気を抜いて1〜2日冷蔵庫に置きます。

確かに直に塗ると焦げやすくなるので、ガーゼなどで包んだり
味噌を洗い流してから焼いても良いでしょうね。

私は味噌を直に塗って、焼くときは指でぬぐっています。

フライパンに油を熱し、スライスしたニンニクを低温で焼き、
こげ色が付いたら取り出します。

火力を強め牛ステーキ肉の味噌漬けの両面を
焼きます。

食べやすい大きさに切り、お皿に盛りつけてニンニクを
天盛して…
今夜も「かんぱ〜い!」

肉は何でも良いのでしょうが、
こちらでは手に入れにくい、猪とか鹿肉を試して見たいな〜!
何だか味噌とすごく合いそうな気がしません?

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 16:23 | 埼玉 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 貝類

2008年02月18日

カキのブルーチーズ焼

カキのブルーチーズ焼

最近、大した用事ではないけど忙しくてPCの前に座る時間が取れず、
更新を怠っておりました。スイマセン…。

この間、変わらずに肴は作っておりましたのでレシピと画像が
たまっています。さてさて張り切って更新しなくては。

■カキのブルーチーズ焼

粒が小さくなってそろそろカキも終わりですネ。
今のうちに楽しんじゃいましょうか。

加熱用のカキは、塩水を何回か取り替えながら軽く
もみ洗いして汚れを落とします。

ザルに上げ、キッチンタオルなどで水気を切っておきます。

フライパンに油を熱しスライスしたニンニクを弱火で
こんがり焼き色が付くまで熱し、香りが付いたら取り出します。

コレはコレで小皿に盛ってつまみにします。

包丁で細かく叩いたアンチョビをフライパンに加え、
良く熱したらサット小麦粉をまぶしたカキを入れて焼きます。

強火でサット焼き、熱が入ったら取り出します。

フライパンにブルーチーズを溶かし、醤油少々で味付けしてから
カキを入れ、チーズをサットからめて取り出し器に盛ります。

繊切りした柚子皮を天盛して…
「ごぶさたで〜す!かんぱ〜い!」

ほうれん草のおしたし

■ほうれん草のおしたし

サット茹でて冷水に取り、水気を絞り食べやすい大きさに
ザックリ切ったほうれん草です。

葉が厚くて茎が太いのが甘みもあって好きですね。

削り節を天盛して醤油をかけて…
「いっただきま〜す」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 10:39 | 埼玉 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 貝類

2007年12月30日

サザエのワタ煮

活サザエ

おっと、また季節感がないレシピですかね(チョット汗)?
お正月→宴席→お酒→つまみつながりで今回も許してネ…。

サザエのワタ

それでは早速…

硬く貝の蓋を閉ざされると身を引っ張り出すのが大変そうですが、
チョットコツを覚えると割りと簡単にできます。

貝剥き用のナイフが無ければスプーンの柄の方を
強引に蓋と貝殻との隙間に差し込みます。

蓋を持ち上げてナイフで蓋を切り離します。

すると、ここぞとばかりに貝が引っ込みますが、慌てなくて
大丈夫ですよ。

人差し指か中指を隙間に差込み、指探りで貝と身がくっついている
部分(貝柱)を指で切り離します。

指を差し込んだまま貝の螺旋に合わせてゆっくり回しながら
身とワタを引っ張り出します。

身とワタに切り分け身の赤い口を切り取り
塩もみして水できれいに洗い流し適当な大きさに切り分けます。

サザエのつぼ焼き

■サザエのつぼ焼き

適当に切ったサザエの身を貝殻に戻し火にかけます。

酒を入れて醤油を加えサット焼いたら出来上がりです。

味噌を塗ったりバターを加えたりしても旨いですネ。

サザエの刺身

■サザエの刺身

そのまんまですね。刺身です。

サザエのワタ煮

■サザエのワタ煮

切り離したサザエのワタを一口大の大きさに切り分けます。

小鍋に酒、みりん、醤油、砂糖少々を入れて煮立て、
ワタをサット煮ます。そのまま置いて味を含ませてから
器に盛り、柚子の皮の繊切りを天盛します。

「今年も色々お世話になりました。来年も宜しくお願い致します」
それでは「かんぱ〜い!」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ


posted by とめごろう at 20:01 | 埼玉 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 貝類

2007年12月09日

マテ貝の醤油焼

マテ貝

網の上で焼いているマテ貝

私には馴染みの薄い貝でした。
たまたまお魚屋さんで見かけ、珍し物好きなので
恐る恐る買ってきましたけど、以外や以外これが旨いのです。

大きな甘みのあるアサリという感じでしょうかね。

機会が有ったら是非お試しを!








マテ貝の醤油焼

■マテ貝の醤油焼

先ずは網の上で焼いてみました。

二枚貝ですので貝が開くまで蒸し焼き状態で焼く事が出来ます。
勝手に開くのもありますが開かないのは箸で突っつくと
簡単に開きます。

醤油をかけてひと焼きしたら火を止め食べやすい大きさに
切り、貝殻を飾って盛り付けます。

簡単ですが、これが一番つまみに合うかも…

マテ貝の芥子酢味噌和え

■マテ貝の芥子酢味噌和え

マテ貝は網の上で焼き、食べやすい大きさに切ります。
茹でても良いのでしょうが、焼いた方が甘みが出るようです。

皿に芥子酢味噌を塗りマテ貝を盛り付けます。

※芥子酢味噌の作り方

味噌、酢、みりん、砂糖を小鍋に入れ、
湯に鍋を浮かべて温めながら(湯せん)つやが出るまで
シャカシャカと練ります。
私は面倒なので焦がさないように鍋を弱火で温めながら
作っちゃいますけどね…

冷まして溶きガラシを加え、さらに練れば芥子酢味噌の出来上がり。

マテ貝の酢の物

■マテ貝の酢の物

さっと茹でたマテ貝を殻から外し、食べやすい大きさに切ります。

ボウルに市販のポン酢、ゆずの絞り汁、醤油少々を入れて混ぜ
合わせ、マテ貝を加えて和えます。

器に盛って、ゆず皮の繊切りを天盛します。

マテ貝の含め煮

■マテ貝の含め煮

鍋に出汁を熱し、お酒、みりん、醤油を加えマテ貝を煮ます。

さっと煮たら火を止めそのまま置いて味を含ませます。

殻から外し食べやすい大きさに切り、器に殻を飾って
マテ貝を盛り、ゆず皮の繊切りを天盛します。

マテ貝の吸い物

■マテ貝の吸い物

鍋に水、出汁を熱しマテ貝を煮ます。

アサリのような旨味が出ますので塩で味を調え、
器に盛ります。
マテ貝は殻から外し食べやすい大きさに切り器に加え、
小口切りしたネギを振ります。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 10:58 | 埼玉 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 貝類

2007年11月18日

カキの味噌漬け

すっかり寒くなってきましたね〜。

あの異常な夏の熱さがまるで嘘のようですが、
寒くなれば寒くなったで、チョットは暑いのが懐かしいですね。

でも、冬でなければ楽しめないカキが出回ってきましたよ。

今回は、熱燗と相性抜群なカキを使った「味噌漬け」と、
その味噌漬けをさっと焼いた「味噌漬焼き」をご紹介します。

カキの味噌漬け

■カキの味噌漬け

なるべく大きくボッテリとした生食用のカキを使います。

カキはサット水洗いして熱湯にくぐらせざるに上げて
水気を切ります。

続いて漬け床を作ります。

小鍋に酒粕、白味噌、塩を入れ、火にかけながら日本酒を
少しずつ加え、適度な柔らかさ(マヨネーズ位)に延ばしながら良く練ります。
味を見ながら好みで砂糖を入れても良いですね。

火を止めて冷めたらタッパ等の容器に移し、水気を切った
カキを一晩浸け込みます。

漬け床からカキを取り出し器に盛って柚子唐辛子を振ります。

さっ、ど〜ぞ召し上がれ!

カキの味噌漬焼き

■カキの味噌漬焼き

長ネギは3センチ位の長さに切り斜めに浅く切り込みを入れ、
味噌床の味噌をからめます。

フライパンに薄く油を熱し味噌床の味噌をからめたカキと
ネギの表面を中火でさっと焦がします。

器に盛って…
今夜は熱燗で「かんぱ〜い!」

レストラン過去記事「カキのオイル漬け

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 11:58 | 埼玉 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 貝類

2007年10月26日

アサリの山椒煮

アサリの山椒煮

■アサリの山椒煮

冷凍ですが大きなアサリの剥き身がありました。

冷凍アサリは自然解凍してさっと水洗いをして
ざるに上げて置きます。

醤油煮した実山椒をまな板の上で包丁で細かく叩いておきます。

レストラン過去記事「実山椒の醤油煮

生姜はいつものように皮を剥き針生姜を用意しておきます。

大葉も繊切りして水に晒しざるに上げて水気を切っておきます。

鍋にアサリがヒタヒタになるぐらいの水を入れ煮立て、酒、みりん
を加え、細かく叩いた山椒、繊切りの生姜、砂糖、
醤油を入れアサリを煮ます。

仕上げに蜂蜜を入れるので砂糖は控えめに…

後は煮汁が3分の一位になったら蜂蜜をいれさらに弱火で煮ます。

煮汁を少々残して火を止め冷まします。

冷めたら煮汁を絡め器に盛って針生姜と大葉を天盛します。

とりあえず、これで先に一杯飲って(やって)いて下さい。

実はこういう肴が案外酒のつまみにピッタシだったりして…

レストラン過去記事「アサリの味噌煮

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 21:13 | 埼玉 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 貝類

2007年09月23日

サザエの柚子味噌焼き

サザエ

久方ぶりにでかいサザエが手に入りましたよ。

硬く貝を閉ざされると身を引っ張り出すのが大変そうですが、
チョットコツを覚えると割りと簡単にできます。

貝剥き用のナイフが無ければスプーンの柄の方を
強引に蓋と貝殻との隙間に差し込みます。

蓋を持ち上げてナイフで蓋を切り離します。

すると、ここぞとばかりに貝が引っ込みますが、慌てなくて
大丈夫ですよ。

人差し指を隙間に差込み、指探りで貝と身がくっついている
部分(貝柱)を切り離します。

指を差し込んだまま貝の螺旋に合わせてゆっくり回しながら
身とワタを引っ張り出します。

身とワタに切り分け身の赤い口を切り取り
塩もみして水できれいに洗い流し適当な大きさに切り分けます。

サザエの柚子味噌焼き

■サザエの柚子味噌焼き

きれいに洗った殻に戻して1つはこのまま刺身で…

もう一つは網の上で焼きます。

お酒を入れてブツブツ煮えてきたら柚子味噌をのせ
さっと焼けたら出来上がりです。

小口切りしたネギをパラパラっと振って…
おひさしぶりです。「かんぱ〜い!」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 16:30 | 埼玉 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | 貝類

2007年09月02日

岩ガキのレモン醤油

岩カキ

夏のこの時期にプリットした生カキを食べられるのは嬉しい
ですね。

でもこの殻剥きが面倒です。

岩ガキのレモン醤油

■岩ガキのレモン醤油

手を切らないように軍手をはめて、殻の隙間を見当つけて
専用のナイフを突き刺します。
手探りで貝柱を切り離せばパカット上の殻がはずれます…
はずれると思います。

1、この時、中のジュース?(海水)をこぼさずに
ボウルに入れて、漉してから小鍋に移し、
火にかけ沸騰したらお酒を加えアルコールを飛ばします。

取り出した身に付いた殻のかけらを水で洗い、
煮立った1にサットくぐらせ氷水で冷やします。

水気をしっかり拭き取り殻に盛り、タップリのレモンの絞り汁を
かけ、醤油をたらします。

レモンは良く洗い水気を拭き取り皮を摩り下ろして
カキに散らします。

それでは…
「かんぱ〜い!」

そのままツルット食べても良いのですが、
チョット熱を加えると甘みが増します。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 16:41 | 埼玉 🌁 | Comment(9) | TrackBack(0) | 貝類

2007年08月26日

<旬魚>アワビの肝焼き

アワビ

久しぶりの更新です。その間、晩酌を止めていた訳では
なく相変わらず呑んだくれていましたが、どうしても
同じような肴になってしまい記事を書かずにいました。

さて、久しぶりに旬のアワビが手に入ったので刺身と
肝焼きを作ってみました。

アワビの肝焼き

■アワビの肝焼き

アワビは塩を振り束子で擦りながら汚れを洗い落とします。

貝がらと身の間に大きめなスプーンなどを使い、
肝を潰さないように慎重に貝から身をはずします。

身とワタとヒモに切り分け、身の表側に格子状に浅く
切込みを入れ軽く塩コショーしておきます。

1、ボウルにワタを漉して入れ、みりんと醤油少々、味噌
少々を加え良く混ぜ合わせておきます。

フライパンに油を熱し、アワビの両面を中火でさっと
焼きます。もちろん中はレアの状態に…

取り出して食べやすい大きさに切り、お皿に盛ります。

続いてソースを作ります。
フライパンにバターを溶かし1を入れ、さっと熱を加えて
アワビにかけまわします。

ウッヒャー、誕生日でもないのに今夜は豪華な一人宴会だ!

アワビのお刺身

■アワビのお刺身

塩を振り、束子で擦れば擦るほど身がしまりますので
お好みで加減します。

殻から身をはずし薄く削ぎ切りして殻に盛ります。

小皿に漉した肝に醤油を加えて混ぜ合わせ、
練りワサビを添えて…
「かんぱ〜い!」

コリコリした歯ごたえと甘みが、肝醤油とよく合います。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 17:11 | 埼玉 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | 貝類

2007年04月24日

ホタテ貝の刺身

ホタテの刺身



■ホタテの刺身

どっしりとした大きな北海道産の天然活帆立貝が
2枚で498円でした。

私はね〜。これだけは熱を入れずに刺身で食べるのが
一番って思っているのです。
特に肝(精巣、卵巣?)が旨いですね。

貝柱、ひも、肝に切り分けたら
私は気になりませんが、ひもは塩でもみ、
水洗いしてヌルヌルを取ります。

後は適当に食べやすい大きさに切り分けて
器に盛ります。

柱(貝柱)は甘みがあり、ひももコリコリして
旨味もあり美味しいですけど、
まったりと口に広がる肝の旨味が好きですね・・・

と、私は思います。

まっ、そんな事はともかく・・・
今夜も「かんぱ〜い!」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 21:08 | 埼玉 ☔ | Comment(4) | TrackBack(1) | 貝類

2007年03月30日

ながらみの塩茹で

ながらみの塩茹で



■ながらみの塩茹で

愛知産のながらみです。

昔は大抵の砂浜で獲れたそうですが、最近は
あまり見ないようです。

サット塩茹でして爪楊枝で中身を取り出すのですが、
面倒ですね。でも食べると磯の香りがして美味しいですよ。

ヤドカリ

その「ながらみ」の中で、食べ物と宿には困らなかったはずの
ヤドカリです。

可愛いので貰ってきましたが、海水を用意したり
飼育が大変そうですね。

まっ、とりあえず今夜はヤドカリと一緒に・・・
「かんぱ〜い!」




博多の名産らしい「おきゅうとう」を手に入れましたが、
肴として食べるにはどう調理すれば良いのでしょう?

なにしろ、最初見たとき「???コンニャク?」
原材料が天草と言う事はところてん?見たいな物ですかね?

まず私なりに思いついたのが芥子酢味噌ですが、

美味しい食べ方を教えてください!

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 17:50 | 埼玉 ☔ | Comment(9) | TrackBack(0) | 貝類

2007年02月24日

ミル貝

ミル貝



■ミル貝

いわゆる「白ミル貝」は良く目にしますが
「本ミル貝」は久しぶりです。
値段の違いほど味に違いが有るかは疑問ですが、
貴重品であることは間違いないようです。
で…早速。

白ミル貝と本ミル貝

捌き方は他の貝類に比べると簡単です。

白ミル貝は薄い貝殻で手を切らないように指を入れて
貝を外せますが、本ミル貝は悟られて貝を閉じられると
指が入りませんので貝剥き等を使って貝柱を外します。

水管とひも、貝柱、ワタの端の身の部分を切り離します。

水管は縦半分に切り皮を剥き、流水で洗います。
皮は指の爪を立ててこすれば簡単に剥けます。

後は刺身に削ぎ切りして貝殻に盛り、刺身四点盛りの
完成です。

写真左上が、今や18番のイナダの昆布〆。
脂の乗ったウルメイワシのレモン〆とボイルホタルイカ。
それにミル貝です。

それでは、今夜は冷酒で…
「いっただきま〜す」

手(チョキ)過去記事「わかしの昆布〆

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 14:09 | 埼玉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 貝類

2007年02月17日

カキのオイル漬け

カキのオイル漬け



はたはたの油漬け

■カキのオイル漬け

以前、soraさんのブログに紹介してあった
「カキのオイル漬け」が気になっていました
が、やっと大粒のカキを手に入れました。

缶詰の、カキやイワシのオイルサーデェン、ハタハタの油漬け等、酒の肴にピッタシですよネ。



それでは早速「小太郎さん」のレシピも参考にしながら…

カキは塩水を何回か取り替えながらやさしく洗い、
ざるに上げ水気を切ります。

フライパンを熱しカキをカラ煎りします。
カキからどんどん出る水分を強火で飛ばし、
味付けにバルサミコを振りかけ蓋をして蒸し、ゆすりながら
からめます。

汁気が無くなったら火を止め冷まします。

冷めたら広口の瓶にカキを入れ、バージンオイル、
潰したニンニク、小口切りした赤唐辛子、ローリエを加えます。

カキのオイル漬け

浸けて2日以降が食べ頃だそうですが、
それまで待てませんよね。

薄くスライスした玉ねぎを皿に盛り、
その上にカキをのせて…
「かんぱ〜い!」

カキとニンニクのエキスがたっぷり入ったこのオイル、
色々と使えそう?

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 14:53 | 埼玉 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 貝類

2007年01月20日

アサリの酒蒸し

あさりの酒蒸し



■アサリの酒蒸し

日野に住む親戚から、美味しそうな長ネギを
またたっぷり頂きました。

丁度、味噌汁用に用意してあった福岡産のアサリがあるので、
アサリの旨味とネギの甘みを楽しみましょう。

アサリは薄い塩水に(海水程度の塩分が良いそうです)2時間
程浸けて砂出しします。

手で殻をこすり合わせて、ぬめりや汚れを取ります。
お米をとぐ要領でしっかり揉むと臭みが取れます。

鍋にアサリを入れ、日本酒をアサリが隠れるぐらい加え
火をつけます。

アサリの口(?)が開いたら斜め厚切りに切った長ネギを
加え、一煮立ちさせて火を止めます。

器に盛って、小口切りした長ネギをふって…
「かんぱ〜い!」

この画像では、厚切りに切った長ネギが隠れていますが、
アサリの旨味をたっぷり含んで美味しいですぞ〜!

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 19:14 | 埼玉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 貝類

2006年11月23日

とこぶしと大根煮

とこぶしと大根煮



■とこぶしと大根煮

特に何かの記念日?、と言う訳ではありません。
あまりに美味しそうだったものですから、つい…

トコブシは塩もみして水で良く洗い、殻からスプーンではずし、
ワタを切り離します。
殻剥き用のヘラより、大き目のスプーンの方が力が入れやすくて、
剥きやすいですね。

大根は皮を剥き、2センチ位の厚さの半月か
いちょう切りにします。

鍋に水とたっぷりの日本酒を入れ、トコブシトと大根を
あくを取りながら煮ます。

2時間位煮て大根が柔らかくなったら出汁、醤油、砂糖、
みりんを加え味を調え、味が染み込むまで煮ます。

やはり薄めの味付けが良いですね。

最後にワタも入れて一煮立ちさせ、器に盛って…
「いっただきま〜す!」

とこぶしが柔らかで出汁がしみて、美味しいですよ〜。

手(チョキ)過去記事「つぶ貝のうま煮

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 13:47 | 埼玉 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 貝類

2006年08月14日

つぶ貝とふきのうま煮

つぶ貝とふきのうま煮

■つぶ貝とふきのうま煮。

つぶ貝は貝から身を取り出すのが面倒なので、フキンに包み
ハンマーで貝を叩き割り中身を取り出します。

本つぶ貝のさばきかた

ふたとわた、あぶら、身に切り分けます。

鍋につぶ貝の身とわた、生姜の繊切り、出汁、醤油、みりん、
日本酒を入れ煮ます。

沸騰したら火を弱めてあくを取りながら15〜20分位
煮ます。

ふきは袋入りの水煮を使いました。

水洗いして適当な大きさに切り、鍋の火を止める直前に
加え、一煮立ちさせたら火を止めそのまま冷まします。

つぶ貝を取り出して食べやすい大きさに切り、ふきと
一緒に器に盛って…
「いっただきま〜す」

わたにしみこんだ旨味とふきの苦味が、冷酒に良く合います。

手(チョキ)おつまみ3種

かっぱえびせんJUMBO

■かっぱえびせんJUMBO。

娘がUFOキャッチャーで取った「でっけ〜」
かっぱえびせんを得意げに持って来ました。











かっぱえびせんJUMBO

子供たちは大喜びでしたが、ただただでかいだけで、
なんて事ありません。

しかし、例の「やめられない、とまらない〜」の歌の題名が
「やめとまソング」とは知らなかった。


レシピプログに参加中です!

レシピブログへ

posted by とめごろう at 14:50 | 埼玉 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 貝類

2006年07月02日

あさりの味噌煮

あさりの味噌煮

■あさりの味噌煮。

あさりのむき身の水煮缶を使いました。

あさりの水煮缶

小鍋に赤味噌、みじん切りの生姜、砂糖、みりん、醤油、
缶の汁少々を入れ混ぜ合わせます。

生姜を繊切りにして水に晒してからざるに上げ、
水気を切っておきます。

小鍋にあさりを加え、さっと一煮立ちさせて器に盛り、
針生姜を天盛して…
「かんぱ〜い」

あさりは熱を加えすぎると硬くなるので、さっと煮て
火を止めます。

残ったら、お茶漬けの具にしましょう!

※生姜の繊切りを加えて、煮汁が無くなるまで煮て
佃煮にしても美味しいですよ〜。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 14:39 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 貝類

2006年06月28日

ホタテのニンニクバター焼

ホタテのニンニクバター焼

■ホタテのニンニクバター焼。

ホタテの殻の平らな方を下にして包丁を差込み
上の殻と貝柱を切り離し殻をはずします。

ひもをはずしながら下の殻も貝柱から切り離し、
中身を取り出し貝柱、わた、ひもに切り分けて、
塩水できれいに洗います。

貝柱とひもを食べやすい大きさに切り、わたと一緒に
塩コショーします。

フライパンに油を熱し、みじん切りのニンニクを
入れて炒め、油にニンニクの香りが付いたらホタテ
を加えて強火で一気に火を入れます。

仕上げにバターと醤油を入れて、からめて取り出し
器に盛り、みじん切りのネギを天盛して…
「いっただきま〜す」

これはこれで旨いけど、定番ですよね〜。
わたをつぶして「わた焼き」にすればよかった!?

手(チョキ)ホタテのバター焼ガーリック風味

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 15:00 | 埼玉 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 貝類

2006年06月22日

つぶ貝のうま煮

つぶ貝のうま煮

■つぶ貝のうま煮。

つぶ貝は貝から身を取り出すのが面倒なので、フキンに包み
ハンマーで貝を叩き割り中身を取り出します。

本つぶ貝のさばきかた

ふたとわた、あぶら、身に切り分けます。

鍋につぶ貝の身とわた、生姜の繊切り、出汁、醤油、みりん、
日本酒を入れ煮ます。

沸騰したら火を弱めてあくを取りながら15〜20分位
煮ます。

生姜は針生姜に切り、水に晒してからざるに上げ水気を
切ります。

つぶ貝を取り出して食べやすい大きさに切り、
器に盛って針生姜を天盛して…
「いっただきま〜す」

わたにしみこんだ旨味と苦味が、日本酒に良く合います。

手(チョキ)おつまみ3種

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 14:33 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 貝類

2006年06月09日

ほっき貝の芥子酢味噌和え

ほっき貝の芥子酢味噌和え。

ほっき貝の芥子酢味噌和え。

■ほっき貝の芥子酢味噌和え。

作り置きの芥子酢味噌を使い切っちゃいます。

貝むきをほっき貝の隙間にこじ入れ、
両側の貝柱を切り離して貝を開きます。

貝柱とひもと身に切り分けたら、身を切り開き
黒い部分をそぎ切り、水で汚れを洗い流し、
熱湯でさっと茹でてざるに上げ、水気を切ります。

わけぎの代わりのネギは3〜4センチの長さに切り、
熱湯でさっと茹でざるに上げ、水気を切ります。

生ワカメは水で洗い食べやすい大きさにざくざく
切り、ざるに上げ水気を切ります。

ボウルにホッキ貝、ネギ、ワカメを入れ
芥子酢味噌を加えて和え、器に盛って…
「いっただきま〜す」

ホッキ貝は茹でると甘みが増します。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ

posted by とめごろう at 13:49 | 埼玉 ☔ | Comment(4) | TrackBack(1) | 貝類

2006年04月30日

おつまみ3種(ほっき、つぶ貝、ほや)











■おつまみ3種(ほっき、つぶ貝、ほや)

貝むきをほっき貝の隙間にこじ入れ、両側の貝柱を2ヵ所づつ切り離し
て貝を開きます。

貝柱とひもと身に切り分けたら、身を切り開き黒い部分を
そぎ切り、塩をまぶしてごしごしもみ、ぬめりを取りしめてから
水洗いします。

つぶ貝は面倒なのでフキンに包み、ハンマーで貝を叩き割り
中身を取り出します。

ふたとわた、あぶら、身に切り分けます。

食べるのは身だけですがわたも食べられます。

やはり塩をまぶしてごしごしもみ、水洗いします。

ほっき貝とつぶ貝は食べやすい大きさに切り
貝に盛りわさび醤油を添えます。

続いてほやを捌きます。

シンクの中で両端を切り落として包丁を入れ、切り開き
ます。
中身を取り出しひっくりかえし黒い部分を取り除き
一口大に切ります。

きゅうりは薄く小口切りして塩水に放し、しんなりしたら
取り出しざるに上げ水気を切ります。茗荷は斜め繊切りに
して水に晒してから、水気を切ります。

ほや、きゅうり、茗荷を器に盛り三杯酢をかけます。

これで3種類出来上がり〜。
早速「いっただきま〜す」


ひらめき過去のほや料理


<広告>
*** 今話題の !! 携帯で玄関のカギが開く !? ***
知らないと話題に乗り遅れちゃうよ〜!!
posted by とめごろう at 09:44 | 埼玉 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 貝類

2006年03月27日

つぶ貝の春浸し。

つぶ貝の春浸し。

■つぶ貝の春浸し。

つぶ貝は熱湯で下茹でして砂を吐かせ、
束子を使ってごしごし汚れを落とします。

菜の花はさっと塩茹でしてざるに上げ、水気を切ります。

茹で筍は薄く一口大に切り水で洗います。

鍋に出汁、日本酒、醤油を入れ煮立て
つぶ貝と筍を5分ほど煮て、そのまま冷まします。

煮汁が冷めたら菜の花を浸けます。

1〜2時間経ったら器に盛って…
「いっただきま〜す」

春ですね〜。
しかし私は花より団子。






レシピプログに参加中です!

レシピブログへ


posted by とめごろう at 13:17 | 埼玉 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 貝類

2006年03月12日

ホタテのバター焼ガーリック風味。










■ホタテのバター焼ガーリック風味。

ホタテ貝柱(生食用)に塩、コショウ、ガーリックで下味を付けます。

フライパンにバターを熱し、バターが焦げないよう火加減に注意しながら
ホタテの両面を焼きます。

ホタテを器に盛り、フライパンにバターを足し、醤油を入れ熱し
ホタテにかけて、レモンを絞り…
「いっただきま〜す」


posted by とめごろう at 10:53 | 埼玉 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 貝類

2006年03月05日

あわび。

あわび。

■あわび。

あわびは焼くか、蒸すか、ソテーにするか茹でるかでしょうが
オーソドックスに刺身が良いですネ。

右斜め下前回は肝と合えたので、今日はそのまま頂きましょう。

あわびに塩をふり、たわしで擦りながら汚れを取り身を締め
流水で洗います。

スプーンを身と貝殻の間に差し込み、貝殻から身を離します。

そっと肝をはずして、あわびの身と肝を食べやすい大きさに切り、
貝殻に盛って…

わさび醤油で「いっただきま〜す」

適当にしめてこりこりした食感と甘みが、これ又酒に合います。










活あわび&さざえ【快適生活】

瀬戸内産 【活あわび&さざえ】
瀬戸内の温暖で豊かな海流に育まれたあわびとさざえを活きたままお届けします。
お刺身、ステーキ、つぼ焼きと活ならではの新鮮な磯の味と香りをご堪能ください。


posted by とめごろう at 09:33 | 埼玉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(4) | 貝類

2006年03月01日

はまぐりのお吸い物(潮汁)。

はまぐりのお吸い物。

■はまぐりのお吸い物(潮汁)。

はまぐりは薄い塩水に一晩浸けて砂だしをして、たわしでごしごし
洗います。

菜の花はさっと塩茹でして水気を絞ります。

鍋に昆布だしと水、日本酒、はまぐりを入れ火にかけます。

煮立ったらしっかりあくを取り、塩で味を調えはまぐりの口が開いたら
1〜2分置いて火を止め、お椀に注いで菜の花を添えて…
でっきあがり〜。

おひな祭りのご馳走に添えてください。





築地王のまるうまグルメ帳築地王のまるうまグルメ帳
小関 敦之


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







posted by とめごろう at 09:58 | 埼玉 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 貝類

2006年02月12日

あわびの肝和え。

あわびの肝和え。

■あわびの肝和え。

あわびに塩をふり、たわしで擦りながら汚れを取り身を締めます。

スプーンを身と貝殻の間に差し込み貝殻から身を離します。

A、そっと肝をはずして包丁で叩き醤油、みりん、練りわさびで味を調えます。

あわびの身を食べやすい大きさに切りAに和えて貝殻に盛って…
「いっただきま〜す」

posted by とめごろう at 11:37 | 埼玉 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貝類

2006年02月03日

簡単おつまみ(はまぐりの酒蒸し)

はまぐりの酒蒸し

■はまぐりの酒蒸し。

はまぐりは薄い塩水に一晩浸けて砂だしをして、たわしでごしごし
洗います。
フライパンにはまぐりを並べ日本酒を入れて熱します。

はまぐりの口が開いてきたらニンニクのみじん切りと醤油、バターを加え
蓋をして口が開ききったらできあがり〜。

お皿に盛って小口切りのネギを散らして…
「いっただきま〜す」
posted by とめごろう at 09:12 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 貝類

2005年11月05日

バイ貝の煮物。

051105.jpg


■バイ貝の煮物

バイ貝は熱湯にさっと通してざるに上げ、
貝の中の砂などの汚れを水で洗い流します。

鍋に出汁、醤油、砂糖、お酒を入れて
薄く味を整え、さっと煮ます。

3分ほど煮て熱が通れば火を止めて、
煮汁に浸したまま冷まします。

1〜2時間ほど浸して味を染み込ませたら器に盛って…

串で身をくるりと取り出して、大きく口を開けて…

「いっただきま〜す」

身に串を刺し、貝を螺旋に添ってくるりと回すと
「すぽっと」ワタごと取れますが、このワタが旨い!
posted by とめごろう at 08:56 | 埼玉 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 貝類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。