2008年04月20日

サバのなまりでカルパッチョ

■サバのなまりでカルパッチョ

こちらでは(埼玉県南部)、カツオのなまり節は良く見かけますけど
サバとは珍しいですよね。カツオはそのままほぐして醤油、マヨネーズ
をかけたり、酢の物にしたり、サット煮たりして食べた事はありますが
さてこのサバのなまり節はどうしましょう?

大事にしている美味しい「カキオイル」がまだあるので、
カルパッチョにしてみましょうか。

■サバのなまりでカルパッチョ

表面は油を塗ったようにべとべとしますが、中の身は脂が抜けて
柔らかでパサパサしています。サット炙ってから手で骨を取りながら
ほぐします。

軽く塩を振り、皿に盛って「カキオイル」を回しかけ
「夏みかんの粉」を振り「糸きり唐辛子」を天盛します。

燻製のようで酒の肴(つまみ)にピッタシですよ。

レストラン過去記事「カキオイルでカルパッチョ


■豚ロース肉の味噌漬け焼

■豚ロース肉の味噌漬け焼

相変わらず味噌漬けにはまっています。

何回か味噌と酒粕の量を変えながら試してみましたが、結局
白味噌1キログラムに酒粕400グラムの割合に落ち着きました。

作り方は以前にも書きましたが…

鍋に酒粕を入れ弱火で熱し、酒、みりんでとろとろになるまで
延ばします。

白味噌を何回かに分けて加え、酒でやわらかさを調節しながら
木ベラなどで混ぜ合わせ砂糖で味を調えます。

冷ませて味噌床の出来上がりです。

今回は豚肉を2日ほど浸けこんでから網で焼きましたが、
旨いですぞ。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 11:35 | 埼玉 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | サバ
この記事へのコメント
先日市場にいったら、新鮮なしこいわしがありました。袋一杯に買っているおじさんがいて、あれをどうするんだろうと思いましたが、とめさんの過去のページをみて、なるほどアンチョビかと思いました。

まだまだ我が家でできること沢山ありますね。
脂っこいもの苦手な夫に、これから味噌漬けに挑戦します。
Posted by sakura at 2008年04月22日 22:05
sakuraさん、おはようございます。

先日は新鮮なウルメとカツオがありました。
ウルメは塩を振って暫く置き、ニンニクオイルに
浸けてあります。これから出回るカツオの美味し
い食べ方を只今思案中!?
私もやることが沢山あって困ります…
Posted by とめごろう at 2008年04月24日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。