2007年11月01日

赤ハタの味噌汁

赤ハタ

最近、何故かあちらこちらで長崎の特産品の展示会が行われていますね。
アゴや網カレイの干物など、こちらでは珍しい物が沢山ありましたが
紅く綺麗で美味しそうな赤ハタがありました。

沢山並べられている魚の中に、数尾しか並んでないのに
一際存在感のある雄姿はさすがですな〜。

もちろん、ためらう事無く買い物籠にGETです。

では、早速…

赤ハタは何時ものように5枚に下ろし、半身は刺身に
残りは煮付けと煮物用に切り分けます。

手(チョキ)ハタの捌き方

赤ハタの刺身

■赤ハタの刺身

皮を付けたまま皮目を上にしてフキンをかぶせ、
熱湯をさっとかけてから急いで氷水で冷ました
湯引きした物と、普通に皮を引いた刺身です。

私の座右の銘は(?)「魚の旨味は皮に有り!」です。
なるべくそんな皮を生かした調理を心がけているつもりですが、
湯引きするかさっと焼くか、皮をつけたまま焼くか煮るか蒸すか、
う〜む、他に何か方法は?

赤ハタの煮付け

■赤ハタの煮付け

他の魚の煮つけと同じように…

鍋に出汁、酒、みりん、醤油、砂糖、生姜の薄切り
を入れ、煮立ったら赤ハタの切り身を入れ、落し蓋をして
煮ます。

脂がのって身離れが良く、上品で美味しいですよ。

赤ハタの潮汁

■赤ハタで潮汁

何時ものように最後の〆はアラでだしを取ったお吸い物です。

アラに塩を振り暫く置いておきます。

アラの塩を水で洗いざるに上げ水気を切り、
熱湯にくぐらせ霜降りしてから流水で血などの汚れを
きれいに洗い取ります。

鍋に水と出し昆布を入れ火をつけます。

沸騰直前に出し昆布を取り出しアラを入れ、
10分ほど煮て出汁を取ります。

今回も味付けは薄く塩だけ。

椀に注いで薄く小口切りしたネギをのせ、
「いっただきま〜す」

赤ハタの味噌汁

■赤ハタの味噌汁

アラで出汁を取った潮汁にぶつ切りした赤ハタを入れ
煮ます。仕上げに味噌を加え、一煮立ちさせてから
椀に盛り薄く小口切りしたネギをのせ、
「もう一杯〜、おかわり〜」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 19:00 | 埼玉 ☔ | Comment(9) | TrackBack(0) | ハタ
この記事へのコメント
げげぇ〜〜

高級魚赤ハタさんじゃないですかぁ〜良く手に入りましたねぇ〜〜

僕もアカハタは釣ったことがありません・・泣

真ハタとキジハタは釣りましたが・・・

ん〜〜〜んいつにもなく旨そうですなぁ〜〜

涎もんですね!!
Posted by 新人魚魚屋 at 2007年11月01日 19:29
お久しぶりです!!
赤ハタ??こちらでは見かけた事ないと
思うんだけど…?
高級魚なんだ〜〜
白身で美味しそう!!
お味噌汁が う、旨そう〜〜〜食べた〜いっ。
Posted by 桃ワンコ at 2007年11月02日 15:05
教えて下さい。

煮魚を作る時はどれくらいの時間煮るのでしょうか。

さっと煮上げるという私に対して、夫はいつも文句をいい、喧嘩の種です。

とめさんのような煮付けにしたいのですが。。。
Posted by sakura at 2007年11月02日 19:31
> 新人魚魚屋さん、おはようございます。

こちらでは、そうそう手に入る魚ではないので
興奮さえします。生でも煮ても旨いですな〜。
また…また食べたい〜!

>桃ワンコさん、おひさしぶりです。

小ぶりの真ハタならこの時期魚屋さんで見かけますよ。
煮ると身離れが良くなり身もしっかりしていて、
更に脂があって美味しい魚ですね。
是非、試してください。

>sakuraさん、おはようございます。

さてさて難しいご質問ですね(笑)。
魚の種類によって脂の乗りや大小、鮮度によって
味付けまで変えますから…
中火の強火で、魚の身が3分の2ぐらい隠れ
る程度の煮汁で落し蓋をして5〜10分程度煮ま
すが、さっと煮上げる時は味付けは濃いめの方が
良いみたいですよ。
私は味付けは薄めですが…
因みに、3年前女房殿に「まずい!」と言ったら
「自分で作ったら!」と言われ、以来自分で楽しむ酒の
肴は自分で作るようになりました。
ご主人に言ってみたらいかがです?
自分で作るようになるかも?(笑)
Posted by とめごろう at 2007年11月04日 12:40
とめさん、ありがとう。

早速その手を利用させていただきます。

それで私もおいしいお魚が食べられたら、一石二鳥ですものね。
Posted by sakura at 2007年11月04日 18:41
sakuraさん、こんばんは。

是非ともうまくいって欲しいですね。

宜しければ私からご主人にメールしてもいいです
よ。何たって私は自称「自分で楽しむ酒の肴は
自分で作ろう!」の会長ですから!
え!はい、会員は今のところゼロですけど…
Posted by とめごろう at 2007年11月04日 20:59
とめさん。残念ながら、わが夫はネットは全然だめなんです。

メールもすべて私が夫に成り代わって返事を出している始末。

でも夫にはとめさんとのやり取りは逐一話していますので、この件も話して、頑張ってもらいますね。成功を祈って下さい。
Posted by sakura at 2007年11月05日 21:38
sakuraさん、こんばんは。

呑んべいは、色々肴を食べて舌が肥えていますから、その気になりさえすれば簡単に作っちゃう
かも?及ばずながらご協力しますので「その気に」させちゃいましょうヨ(笑)
「自分で楽しむ酒の肴は自分で作ろう!」の会員
第一号は決まりです!…ネ?
Posted by とめごろう at 2007年11月06日 18:19
ありがとうございます。

確かに夫は凝り性で一時は漬物に凝っていました(沢庵とか。。。)。同じ野菜でも、取れた時期や、水分とかやわらかさが違うでしょう?それを考慮すると、漬物も結構難しいようなんです。

とめさんの煮魚に通じるものがあるかもしれません。

うふふ。これから市場に行くのが楽しみ!!
Posted by sakura at 2007年11月06日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。