2005年04月08日

愛機NECノートがクラッシュしました。その後の5

5日の火曜日に愛機が退院してきましたが
何故かさほどの喜びも感じずに受け取りました。

子供なら手のかかる程可愛いと言いますが
これは単なる欠陥商品だと思うと、もう愛機
などとは思えません。

それでも、これを使ってやらねばならぬ仕事が
ありますので、以前の状態に戻すべく休み返上で
3日かかって概ね復旧させました。

7日の夜、最後のアプリのインストールが終わり
立ち上げようとしたら、あ〜またあの悪夢の再来です。

又もやWINDOWS XPが起動しないのです!


今回は以前のときより重症です。BIOSしか開かず
そこには「キーボードが接続されていません」という
勝ち誇ったようなメッセージが笑っているではないですか!

F11もF8(NECの場合再インストールとセーフモードの
立ち上げ)もきかないのです。

翌朝、夜が明けるのを待ってカスタマーサポートセンターに
怒りの思いを一気にまくしたてましたが、すぐに冷静になりました。
なぜって、相手はまだ若い女の子です。涙声なのです。

敵は?全て上手でした。こんな場合を見越して声だけ可愛い
女の子に対応させているのです。←あわてて追記:可愛い女の方もいると思います。(これを想定の範囲内というそうです)

2時間後に修理部の担当者からTELがありましたが、
その時は事務所で仕事中ですし、興奮も冷めていましたから、
早急に再度の修理を無料で行うことで、自分を納得させました。

とうていありえない経験をさせて頂きました。

あ〜寝不足で疲れたここ数日です。

posted by とめごろう at 15:58 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | おやじのPC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2850001
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。