2006年09月02日

炙り〆さんま

炙り〆さんま

■炙り〆さんま

銀色に光り、丸々太った旨そうな「さんま」が、お魚屋さんの店頭に
山積みされる季節になりました。

3日ほど前までは、二言目には熱い暑いと言っていたのが嘘のような
今朝の涼しさに、勝手なもので一抹の寂しさを感じるのは私だけ?

秋って何となく寂しげですが、旨い食材が出回る食欲の秋でもあります。

読書と芸術の秋はお任せしますので、私は早速さんまを調理しますね。

さんまは頭を落としてワタを取り除き、3枚に下ろし腹骨を
すき取ります。

軽く塩をふりラップに包み、冷蔵庫に1時間程寝かせます。

塩を酢で洗い流し、バット等に入れ酢を浸し20〜40分ぐらい
冷蔵庫に置きます。

炙り〆さんま

酢に浸す時間は、お好みで調節して下さい。

網で炙りたいのですが、どうしても皮が剥がれてしまうので、
フライパンに油を薄くしき、皮の面をさっと焼きます。

食べやすい大きさに切って器に盛って、大根おろしと
梅酢に漬かり過ぎの谷中生姜を添えて…
「いっただきま〜す」

さっぱりした〆さんまの味覚と、脂の旨味と甘みが
口いっぱいに広がります。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ

posted by とめごろう at 14:54 | 埼玉 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | サンマ
この記事へのコメント
銀色に光る丸まると太っとサンマ。
秋ですね。 これから美味しいものが出回る季節になりました。
しかし・・・、私には目の毒かも?
なぜなら今日からマイナス6・5キロの減量にのぞむのです。
でもサンマ食べたいな〜!。目標体重45キロになれば自分へのご褒美に山盛りのサンマを食べることにします。
Posted by 源平梅 at 2006年09月02日 22:46
とめごろうさまの魚の下ごしらえのマメマメしさ
には、いつもカンシンするばかりであります。
秋刀魚の登場ですか・・・では日本酒もそろそろ
でありますねぇ。
あたくしは読書の秋でもしながら炭に火をいれて
丸ごとサンマ、炙りますかね。
Posted by まるち at 2006年09月03日 05:49
>源平梅さん、こんにちは。

あら、かわいそう…
早く減量できて、山盛りのサンマを食べれる
様になればいいですね。
目標体重になったら教えてください。
何かお祝いしなきゃ〜!

>まるちさん、こんにちは。

焼き魚は炭火に限りますが、我が家の環境では
難しいのです。実にうらやましい!
囲炉裏の前で魚でも焼きながら、
日本酒をグビグビやるのが私の夢です。


Posted by とめごろう at 2006年09月03日 13:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。