2006年08月14日

つぶ貝とふきのうま煮

つぶ貝とふきのうま煮

■つぶ貝とふきのうま煮。

つぶ貝は貝から身を取り出すのが面倒なので、フキンに包み
ハンマーで貝を叩き割り中身を取り出します。

本つぶ貝のさばきかた

ふたとわた、あぶら、身に切り分けます。

鍋につぶ貝の身とわた、生姜の繊切り、出汁、醤油、みりん、
日本酒を入れ煮ます。

沸騰したら火を弱めてあくを取りながら15〜20分位
煮ます。

ふきは袋入りの水煮を使いました。

水洗いして適当な大きさに切り、鍋の火を止める直前に
加え、一煮立ちさせたら火を止めそのまま冷まします。

つぶ貝を取り出して食べやすい大きさに切り、ふきと
一緒に器に盛って…
「いっただきま〜す」

わたにしみこんだ旨味とふきの苦味が、冷酒に良く合います。

手(チョキ)おつまみ3種

かっぱえびせんJUMBO

■かっぱえびせんJUMBO。

娘がUFOキャッチャーで取った「でっけ〜」
かっぱえびせんを得意げに持って来ました。











かっぱえびせんJUMBO

子供たちは大喜びでしたが、ただただでかいだけで、
なんて事ありません。

しかし、例の「やめられない、とまらない〜」の歌の題名が
「やめとまソング」とは知らなかった。


レシピプログに参加中です!

レシピブログへ

posted by とめごろう at 14:50 | 埼玉 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 貝類
この記事へのコメント
つぶ貝・・・、食べた事ないなァ・・・。
でも何か美味しそうです。
貝類は独特のコクがありますからフキの淡白なお味に合うのでしょうね。
こう云うのをおつまみに日本酒なんか良さそうです。    お盆が明けたらノンビリそんな時間を楽しみたいものです。
Posted by 源平梅 at 2006年08月14日 16:50
思わず、わぁ〜〜いい!!です。
かっぱえびせん大好物で切らしたことのない
”おつまみ”なんです!!!自分だけですから
家族は白い目で見るだけですけどね・・・。
Posted by まるち at 2006年08月15日 06:21
>源平梅さん、いらっしゃいませ。

お盆は忙しいみたいですね。
正月もそうですが、人が集まるのでどうしても
飲み疲れの日々が続きます。
盆明けにノンビリ楽しんでください。

>まるちさん、いらっしゃいませ。

私はかっぱえびせんをつまみに、飲みながら
つまみを作ります。
芥子やわさびや柚子コショーを混ぜたマヨネーズ
をつけるとりっぱな肴です。
白い目など気にせず、ばりばり食べちゃいましょう!
Posted by とめごろう at 2006年08月15日 12:50
はじめまして。
いつ来ても食欲がそそられる画像、見るたびにため息がでます。つぶ貝とふきの煮物
いいですねぇ。食いたい!

なすのピリ辛も良い、叶うことなら好きな二品を選び、一品の料理で一膳のゴハンを頂き、そして残りの一品で晩酌を楽しむ。無精者の願望です。

遅くなりましたが・・リンクを貼らせて頂いてます、ありがとうございます。


Posted by 古新聞 at 2006年08月20日 14:36
古新聞さん、おはようございます。

二品などと言わず、いくらでも召上ってください。ところで、懐かしのあの頃の貴重な画像を、
色々思い出しながら拝見しましたが、
いろんな事がありましたね〜。
これからも楽しみにしています。
リンクを貼って頂いて有難うございます。


Posted by とめごろう at 2006年08月21日 14:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。