2006年03月23日

子持ち昆布の浸し。

子持ち昆布の浸し。

■子持ち昆布の浸し。

子持ち昆布は薄い塩水に浸けて塩抜きし、食べやすい大きさに切り
ざるに上げて水気を切ります。

ウドは皮をむき短冊に切り、酢水でさっと茹でます。

茹で筍は水洗いをして薄く一口大に切ります。

菜の花は塩水でさっと茹で、ざるに上げ水気を切ります。

鍋に出汁、日本酒、醤油を入れ薄味に調え、煮立ててから
冷まし、ここに上の材料を入れ30〜60分浸けて
味を含ませます。

器に盛って…
「いっただきま〜す」

春ですね〜。




レシピプログに参加中です!

レシピブログへ






ひらめき子持ち昆布の浸し

数の子と三つ葉のお浸し

posted by とめごろう at 13:13 | 埼玉 ☔ | Comment(5) | TrackBack(2) | 海藻類
この記事へのコメント
はじめまして、とめごろうさん。
仕事で団塊世代についてデータを探していたら、偶然とめごろうさんのホームページにたどり着きました。おいしそうな手料理の数々拝見させていただきました。仕事中にもかかわらず、見てしまいました。そしてコメントまで打ってます。
私は「うど」も「子持ち昆布」を買ったこともないし、まして料理なんてしたことがありません。すごいなー!!!
またおかずの参考に寄らせていただきます。
Posted by はまのはなまま at 2006年03月23日 13:29
はまのはなままさん、いらっしゃいませ。

最近「2007年問題」のせいか「団塊の世代」
がキーワードのようですね?
どんなお仕事か気になるところですが、お仕事中大丈夫ですか?上司に見つからないようにして下さいね。

あっ、私も今仕事中だった!?

又寄って下さい。
Posted by とめごろう at 2006年03月23日 15:00
とめごろうさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。
子持ち混布に独活、菜の花。
いいですね〜
正に大人の料理です。
Posted by 筋肉料理人 at 2006年03月24日 11:17
とめごろうさん、こんにちは♪
すっかり春ですね〜(*^-^)
ウド!いいなぁ。
とめごろうさんのところはいつも旬の食材で溢れかえっていますね!
そうそう。ウドは季節ものと言う事もあってまだ数える程しか食べておらず、どういう風に調理したらいいのか分かりませんでした。
わりとあっさりとした蝶理で漬け込むのがポイントですね。煮ずにゆっくりと味がしみ込むのが何となく分かります。豊かな春の恵みを堪能したいです。
Posted by mine at 2006年03月24日 12:54
>筋肉料理人さん、いらっしゃいませ。

なんだか最近、こんな薄味料理が食べたくなります。大人なのかぼけたのか…
又、勉強に寄らしてもらいます。

>mineさん、いらっしゃいませ。

店頭には春の山菜が沢山出回ってますネ。
天ぷらか、お浸しか、付け合わせか迷いますが、
じっくり味を含ませるのも、チョイおつな味です。
試してください。
Posted by とめごろう at 2006年03月24日 14:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


☆菜の花☆の簡単料理
Excerpt: リクエストがありましたぁ 嬉しい嬉しい canacoさんですが… 料理ゎなかなかしないので… 本当に簡単料理ってことだけ… ちゃんとっ 覚えておいて下さいね じゃないと… また..
Weblog: ★:*:野菜のソムリエ canacocoa★:*:・°
Tracked: 2006-03-23 17:53

子持ち昆布(数の子昆布)
Excerpt: 2007-No.121【No.540】 北海道の魚と言えば「鮭」を連想する方が多いと思うが、日本海側の小樽生まれの私は「鰊(にしん)」なのである。最盛期には100万トン以上の水揚げがあっ..
Weblog: なまら旨い!北海道。
Tracked: 2007-11-15 13:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。