2008年08月24日

ムール貝のワイン蒸し

ムール貝のワイン蒸し

ムール貝は束子で擦り、汚れを落とします。

足糸とよばれる麻糸のようなひげ(?)を
上下左右に振りながら引き抜き、ザルに上げておきます。

ムール貝のワイン蒸し

■ムール貝のワイン蒸し

鍋(フライパン)に油、みじん切りしたニンニクを
入れ、焦がさぬように弱火でいためます。

充分油にニンニクの香りが移ったら
火を強め、ムール貝、白ワインを入れ蓋をして蒸します。

貝が開いたら軽く塩コショウをしてタップリのバターを
加え、鍋を振り、一煮立ちさせれば出来上がりです。

ムール貝を皿に盛り、煮汁をかけまわし、粗くみじん切りした
パセリを振ります。

それではワインを片手に…
「いっただきま〜す!」

■鯛の鯛

■鯛の鯛

鯛の鯛と呼ばれる骨を束子で良く洗い乾燥させ、甲色になったところでマニキュアを塗りました。早速財布に入れて幸運を待ちます…。
待ってます、昔から…。
ず〜っと。




カマの中のエラに近い部分にある骨の形が、ちょうど魚のような形をしていることから、「鯛の鯛」と呼んで珍重されているのをご存知ですか。江戸時代の書物の中でも「鯛中鯛」として縁起物として紹介されています。その骨は、しっかりと身に食い込んでいるため、身がほろりとはずれる煮魚から取り出すのが簡単とされます。きれいに掃除をし、よく水洗いしてとっておくと、いつのまにかべっこう色に変化します。紙に包んでお財布に入れておくとお金持ちに、箪笥にしまっておけば衣装持ちになれるとか。昨今では、マニキュアでコーティングして保存する人も。

きれいねネットより

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 21:46 | 埼玉 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 貝類
この記事へのコメント
とめさん、こんばんは。

「ムール貝のワイン蒸し」、なんだかフランス人が豪勢に食べているさまが目に浮かびます。

貝類は外で食べておいしかったためしが無いですね。(いつも安い物ばかりを食べているから?)

だからいい貝を見つけて自分で作るのが絶対おいしいですよね。
Posted by sakura at 2008年08月27日 19:02
sakuraさん、おはようございます。

皿に盛ってあるあの量で400円でした。

プリットしてジューシーで旨かった!
今頃が旬のようです、見つけたら
是非食べてみてください。
Posted by とめごろう at 2008年08月28日 07:44
今日は天然鯛の頭のいいのがあったので、「かぶと煮」にしました。
その後、一生懸命骨を捜しましたが、見つけることができませんでした。骨が沢山あって。。。
大きさは何mm位でしょうか。
Posted by sakura at 2008年08月30日 21:00
sakuraさん、おはようございます。

3〜4cm位で対になっているので一尾に2個
あります。骨をしゃぶりながら探していくと、
割と容易に見つかると思います。

何か作りたくて今日も早起きしました。
さて、何に作ろう?
Posted by とめごろう at 2008年08月31日 06:39
はじめまして!
 いつも、楽しく胃袋をグーグー言わせながら拝見させてもらって、います

 今朝、ヤズと鯛を市場で求め、どう 料理しようかと思っています
私の町は”伊勢エビ祭り”の最中です・・・

 また 楽しく拝見させてもらいます 美味しい料理をおねがいします
Posted by suisenn at 2008年09月07日 09:27
suisennさん、はじめまして。

つい先日、ヤズを調理しました。
半身は刺身に、残りは粉を振って油で焼き、
南蛮酢をかけてヤズ南蛮です。

良い所にお住まいですね。
今頃はエビの塩焼きなどを肴に一杯やっている
のでしょうネ…
あ〜うらやましい!
Posted by とめごろう at 2008年09月07日 10:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。