2009年12月06日

簡単塩イカ

■簡単塩イカ
歳をとったせいか、特に最近年月が過ぎるのを早く感じます。
だってもうすぐ正月ですよ。
やりたい事、やり遂げなければならない事が何もできないままに、
そのままそっくり残っています。

・・・確か昨年の今頃もこんな感じだったかな〜?
まっ、良いか〜!?

■簡単塩イカ

私が幼少・・・ではなくてガキの頃は、塩でバリバリで
空からに干された塩イカが売られていましたが、
今はすっかり見かけませんね。

大体塩イカ自体を見かけなくなりました。

ならば自分で作ってみますか?

するめイカは、開いてわたを取り外し塩水できれいに洗って
からキッチンペーパーなどでしっかりと水気を拭きとります。

口(からすとんび)は取らずにおきましょう。
結構珍味です。

全体にたっぷり塩をまぶします。

■簡単塩イカ

バットなどに厚めに新聞紙を敷き、その上にやはり厚めに
キッチンペーパーを置きイカを重ねていきます。

ようするに天日干しする変わりに、新聞紙とキッチンペーパーで
しっかりと水分を吸い取るようにします。

ラップをしないで冷蔵庫に置きます。時々思い立ったら新聞紙を
取り替えて一晩もすれば簡単塩イカの完成です。

これがね〜。簡単で以外に旨い酒の肴になるのですよ。

結構日持ちもしますし、置けばおくほど旨みが増すので、
するめイカが安いときに作り置きしておけば重宝します。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 15:07 | 埼玉 ☔ | Comment(4) | TrackBack(1) | イカ、タコ

2009年08月09日

タコとホヤの酢の物

タコとホヤの酢の物
相変わらずただただムシムシするだけの、はっきりとしない天気が
続いています。
塩漬けのままで干すに干せない梅に、とうとうカビが発生して
きました。今日はこれからそのカビを取り除き、焼酎を加えて
干せる日までもう少し様子を見るつもりです。

さてさて、こんな蒸し暑い日には酢の物が良いですよ。

茹でた真ダコは土佐酢に一晩漬けて酢ダコにしておきます。

ホヤはボウルの中で両端を切り落とし、中の「水」をとっておきます。

「ブチュット」匂いのきつい水が飛び出しますから
顔などにかからない様に気をつけて下さいね。

切り開いて中身を取り出し、黒い部分を指で搾り出し、
取り除いたらボウルにとっておいた「水」で洗います。

食べやすい大きさに切りわけ土佐酢に漬けておきます。

きゅうりやワカメを一緒に器に盛って、たっぷりのレモン汁
を振り掛ければ出来上がりです。

※土佐酢の作り方
鍋に出汁(かつお)、醤油、酢、みりん(砂糖)をかるく火にかけ
混ぜ合わせ冷まします。
お好みでごま油を数滴たらしたり果汁を加えても旨い。

■青柳とタコの芥子酢味噌和え

■青柳とタコの芥子酢味噌和え

土佐酢に漬けた酢だこの薄切りとボイルしてある青柳を
芥子酢味噌で和えただけです。

具材は冷蔵庫でしっかり冷やしてからすばやく和えて
器に盛り、刻んだバジルを天盛りしました。

※芥子酢味噌の作り方
白味噌、酢、みりん、砂糖を小鍋に入れ弱火で温め、
つやが出るまでしゃかしゃかと練ります。

冷まして溶き芥子を加え、さらに練れば芥子酢味噌の出来上がり。

バジル

数ヶ月前、一株98円のバジルの苗を5株鉢に植えましたが、
こんなに増えて大きく生長しました。
大葉の代わりに素麺や冷奴にも使っていますけど、
さわやかな香りでなかなか美味しいですよ。




我が家の近くの公民館から、毎年8月の6日と今日8日の
原爆の日にサイレンを鳴らして黙祷を促す放送があります。

押し付けられて促されて黙祷をしているわけでもなし、
言われなくとも犠牲者を悼み自然に手を合わせています。

終わると「ありがとうございました」とのアナウンスが
ありますけど、チョット変だと思いません。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 11:43 | 埼玉 🌁 | Comment(3) | TrackBack(1) | イカ、タコ

2009年08月02日

いかのワタ漬焼き

いかのワタ漬焼き

気がついたら「いか料理」が続いていますが、
何もそんなにしょっちゅう「いか」だけを食べている
訳でもありません。

でも、やっと型の良い「するめいか」が安く出回ってきたので
「いか料理」が増えてきたのは事実ですけど…。

勿論、かつおやトビウオ、イサキなどの今が旬の魚を肴に
晩酌を愉しんでいますけど、すでに記事にしているので
更新を躊躇していました。

いかのワタ漬焼き

■いかのワタ漬焼き

いかはいつものように処理して水気をしっかり
拭き取っておきます。

いかの「ワタ」をざるなどで漉してバットに入れ、
醤油、みりん、麺つゆ少々を加え良く混ぜ合わせます。

ここにいかを漬け込みます。

漬け込む時間はお好みでどうぞ。

2枚漬けたので1枚は2時間ほどで取り出して
そのまま網で焼きましたが、味に深みがあって
旨いですぞ!

■いかとネギのニンニク焼き

■いかとネギのニンニク焼き

いかは食べやすい大きさに切り分けておきます。

長ネギも3センチくらいの長さに切っておきます。

フライパンに油を熱し、細かくみじん切りした
ニンニク、生姜、アンチョビを炒めます。

いかとネギを加え、塩コショーして強火で一気に
炒めれば出来上がりです。

お皿に盛って千切り唐辛子をのせて…
「かんぱ〜い!」




梅雨が明けたはずの関東地方ですが、毎日ジメジメと
はっきりしない日が続いています。

おかげで、未だに梅を干せずにいますが、
みなさんはどうしていますか?
…って言っても、晴れ間が続く日まで待つしか
ないのでしょうね。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ

posted by とめごろう at 09:47 | 埼玉 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | イカ、タコ

2009年06月28日

イカの味噌漬け焼き

■イカの味噌漬け焼き

やっと何とか更新できるようになりましたけど、
日頃の行いが悪いのか、元々そんなものなのか、
PCのクラッシュだけではないのですよ。

同時期にポンコツ車のバッテリーが上がっちゃって、
それも丁度暑い時です。汗だくで取り替えて翌朝乗ろうとしたら
今度はクーラーのガスが抜けて熱風が吹き出してくるのです。

今度は何が起きるのか、それとも今度こそこれからは良い事が
起きるのか、不安とちょっとした楽しみとを心に交錯させながら
この記事を書いています。書き終わったらスタンドに行って
クーラーのガスを入れてくるつもりです。

■イカの味噌漬け焼き

レストラン過去記事「モーカサメの味噌漬け焼き

下処理したスルメイカは水気をしっかり拭き取り
軽く塩を振って常備してある味噌に一晩浸けこみます。

味噌床から取り出し水で味噌を洗い流しちゃいましょう。
どうしても味噌が残っているとこげて見た目も良くないです
からね。もちろん水気はしっかり取っておきます。

フライパンに油を熱し薄くスライスしたにんにくを入れ、
弱火でしっかり風味を取り出します。

にんにくにこげめがついたら取り出し火を強め
一気にイカを炒めます。

食べやすい大きさに切り器に盛って針唐辛子をのせれば
出来上がり〜!

09062802.jpg

■紋甲いかの味噌漬け焼き

紋甲いかは同じように味噌床に浸けます。

身が厚いので火が通りやすいように格子状に
細かく切り込みをいれます。

網で焼いてみました。

大根おろしを盛ってさっと醤油をかけて…

お久しぶりで〜す!

09062803.jpg

そう言えば一週間ほど前に梅を漬けました。

梅干用に塩漬けとウイスキーで梅酒に、後は味噌漬けと醤油漬けです。

一番心配な塩漬けは、うまく水が上がって今のところ順調に
きているようですが、後はカビが出ないように祈るだけです。

上手くできたら記事にしますね。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 09:57 | 埼玉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | イカ、タコ

2009年06月25日

PCがクラッシュしました

先月25日にまたPCがクラッシュしました。

過去記事「愛機NECノートがクラッシュしました

2005年の4月に中身をすっかり取り替えて「新品同様」に
したはずですが、またHDDが壊れたようです。

どこのメーカーとは言いませんがHDDはNEC製ではありません。

まっ、今回は短めな寿命という事で強制的に自らをあきらめさせて、
なるべく無駄なエネルギーは使わないように決めました。

早速、新聞広告で良く目にする「DELL」の最近スペック満載の
ノートPCを注文しました。今月の1日の事です。

電話での音声案内では配送日は12日だそうです。

10日ごろもう一度確認したら、配送予定日が23日に変更
されているではあ〜りませんか!

最初から分かっていれば他社製のを購入してましたが、後のお祭り
です。

そんな訳で、今各種設定をしています。

ここ数ヶ月間の画像データだけは消失しましたが、
今回は外づけHDに定期的にバックアップをしていたので
多少は設定は楽です。

でも、今まで通りの状態にするまで時間がかかりそう…

と、更新をしていない言い訳のご報告でした。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 10:50 | 埼玉 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | おやじの日記

2009年04月23日

マグロのステーキ&味噌漬け焼き

旨そうな「メバチマグロのカマ」です。

旨そうな「メバチマグロのカマ」です。

赤身と腹身に切り分け赤身の部位は刺身や漬けで、
残念ながら筋っぽい脂の乗った腹身は熱を加えて愉しみました。

■マグロのステーキ

■マグロのステーキ

厚めに切ったマグロのカマの腹身は強めに塩コショーして
軽く小麦粉を振ります。

今回は送っていただいた「クレイジーソルト」なるものを
使ってみましたが、バジルの香りが新鮮で美味しさを
引き出してくれました。

後は牛肉のステーキを焼くのと同じ要領で…。

フライパンに油を熱し、中はレアの状態になるよう
両面を強火でこんがりと焼きます。

焼けたらお皿に移しバターをのせ、醤油をかけて…
「かんぱ〜い!」

■マグロの味噌漬け焼き

■マグロの味噌漬け焼き

マグロのカマの腹身は、作り置きの味噌床に3日ほど浸けて置きます。

手(チョキ)過去記事「カキの味噌漬け焼き

味噌はざっと洗い流し良く水気をふき取り網の上で焼きます。

最初は中火の強火で両面をこんがり焼き、
中まで火が通るように弱火にしてじっくり焼き上げます。

お皿にのせ、大根おろしを天盛りし、香り付けに「でこぽん」
の皮の繊切りを散らして出来上がりです。

おっと、もうこんな時間です、
そろそろ切り上げて寝ましょうか?

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 20:36 | 埼玉 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | マグロ

2009年04月19日

カツオのたたき

■カツオのたたき

■カツオのたたき

いよいよ楽しみにしていたカツオのシーズンがやって来ましたけど、
今年はあまり獲れないようですね。

昨年の今頃なら、すでに3〜4本は丸ごと買って
愉しんでいたはずですからね…残念。

夏みかんの果汁を冷凍保存しておきます

ところで今日は「たたき」にかけて食べるポン酢のお話です。

毎年今頃、親戚から大量の昔懐かしい「スッペ〜!」
夏みかんを頂きます。

もちろん、ゆずやスダチが合うのでしょうが、
この夏みかんを絞った果汁を使ってポン酢を作りました。

ボウルに夏みかんの果汁、醤油を合わせ、みりんでこくと
甘味を加えます。

さらに得意の手抜きで「昆布茶」を入れて旨みを出し、
良く混ぜ合わせれば簡単で美味しいポン酢の出来上がりです。

清潔な瓶などに入れて寝かせて置けば、さらに旨みが増します。

使うときにはお好みで香り付けにほんの数滴のごま油を
たらしても美味しいですよ。

さて、残った果汁はタッパや製氷皿に入れて冷凍保存しておけば、
いつでも好きな時に手軽に作れます。

では、カツオのたたきにたっぷりのポン酢をかけてねぎを
散らし…そうそう、上に飾った繊切りは「でこぽん」の皮です。
これもタッパに入れて凍らしてありますが、
独特の甘い香りが夏みかんの酸味を程よく抑えてくれます。

さてさて、ジンを炭酸で割り、この凍った果汁を浮かべて…
「かんぱ〜い!」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 17:07 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | カツオ

2009年04月05日

エビの明太マヨ和え

■エビの明太マヨ和え

■エビの明太マヨ和え

エビが安い時に多めに買って茹でて冷凍しておくと、
呑兵衛が不意に来たり、「チョット酒の肴が足りないな〜。」
という時に便利ですよ。

ブラックタイガー(解凍)は背わたを取り、殻を剥いて
片栗粉をふって汚れをもみ洗いします。

水で洗い流し適量の塩をふり、粘りが出るまで良くもんで
下味をつけます。

ここに、プリプリ感を保つよう片栗粉をまぶしてもみ、
コーティングします。

鍋に湯を沸かし3分くらい茹でます。
せっかくの片栗粉が洗い流されてしまうので、
落ち着くまで混ぜないようにします。

茹で上がったら余熱で茹ですぎないよう急いで冷水に取り、
冷やしながら洗います。

水気をしっかり取り、一回分ずつ小袋に分けて
冷凍保存しておきます。

さて、和えるのは冷蔵庫にあるもの…。
瓶詰めのウニやかに味噌、なければ味噌などを
マヨネーズと混ぜて、溶かしたエビと和えれば簡単おつまみの
完成です。

今夜は明太子と和えて見ました。

皮を切り開き包丁などで身をしごき出した明太子を、
包丁で軽く叩きボウルに入れます。

エビとたっぷりのマヨネーズとレモンの絞り汁を加え、
よく混ぜ合わせて器に盛ります。

では今夜も…
「かんぱ〜い!」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 16:56 | 埼玉 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | エビ、カニ類

2009年03月22日

ほうぼうの湯引き

何とも愛嬌のある顔をしている「ほうぼう」です

何とも愛嬌のある顔をしている「ほうぼう」です。

大きめな物は高級魚の部類に入るのでしょうが、
淡白な中に上品な脂があって美味しいですよね。

紡錘形で捌きづらいけど慣れれば普通の魚と同じです。
浮き袋と卵は捨てずに取っておきます。
おっと、もちろん頭や中骨、腹骨を漉き取った腹身も…

■ほうぼうの湯引き

三枚に下ろして皮付きのままの柵を熱湯で霜降りにします。
水が流れやすいように斜めにしたまな板に皮目を上にして
置き、湯が身に回り込まないようフキンをかぶせてから
湯をかけ、皮を柔らかにします。

直ぐに氷水に取り冷ましてからキッチンペーパーなどで
水気を拭き取ります。

まな板に皮を下に置き、皮を残すように削ぎ切りします。

■ほうぼうの湯引き

■ほうぼうの湯引き

浮き袋は切り開いて中をきれいに洗い、熱湯でさっと霜降りして
水気を拭き繊切りします。

身を削ぎ切った皮も繊切りします。

器に海草を敷き、身と浮き袋、皮を盛り柚子ポン酢をかけて…
「かんぱ〜い!」
イカン!明日も仕事だ呑み過ぎ注意!!

ほうぼうの刺身

後の半身は皮を引いてワサビ醤油で…

■ほうぼうの煮コゴリ

■ほうぼうの煮コゴリ

鍋に湯を沸かし酒を入れ醤油、砂糖で味を調え
熱湯で霜降りしたほうぼうの「あら」と卵を煮ます。

さっと煮た卵は取り出し「あら」はぐずぐずと良く煮て
旨味を引き出します。

当然卵はお皿に盛ってつまみにします。

煮えたら火を止め、冷ましてから目の細かいザルなどで煮汁を濃して、
タッパなどの容器に移し、骨から身をほぐして入れます。

これを数時間冷蔵庫で冷やして固めれば
もう一品、二日酔いの「もと」の完成です。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 17:36 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ホウボウ

2009年03月08日

鮗(このしろ)の酢ジメ

鮗(このしろ)の酢ジメ

お正月に良く出てくる「こはだ」の成魚「このしろ」です。
小骨が多くて食べにくいので、酢で骨を柔らかくして
食べるのが一般的なようです。

鮗(このしろ)の酢ジメ

■鮗(このしろ)の酢ジメ

他の光りものの酢ジメと同じように三枚に下ろして塩を
まぶし、10〜20分おいてから酢で塩を洗います。

容器に酢、昆布だし少々(昆布茶で代用)、砂糖少々、
レモンの絞り汁を入れてよく混ぜ合わせます。

身が白くなる位まで(今回は3時間ほど)この酢に
浸けてから取り出し、腹骨をすき取り八重造りにします。

あまり人気の無い魚のようですが、酒の肴に良く合って
旨いと思いますけどね。

安いので多めに作って冷凍保存しておけば結構重宝します。

では、今夜は「このしろの酢ジメ」で…
「かんぱ〜い!」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 14:47 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他魚

2009年03月05日

サザエの佃煮

■サザエ

■サザエの佃煮

■サザエの佃煮

サザエは束子で擦りながら流水で洗います。

身を取り出すため熱湯でさっと茹でてから冷水で冷まし、
アイスピックなどで身をわたごとツルット取り出します。

ナイフで蓋を切り離します。

生姜は皮を剥き繊切りします。

鍋にサザエがヒタヒタになるぐらいの水を入れ煮立て、酒、みりん
を加え、繊切りの生姜、砂糖、
醤油を入れサザエを煮ます。

仕上げに蜂蜜を入れるので砂糖は控えめに…

後は煮汁が3分の一位になったら味を調え蜂蜜を加え、
さらに弱火で煮ます。

煮汁を少々残して火を止め冷まします。

器にサザエを盛り柚子皮の繊切りを天盛して…
「かんぱ〜い!」
この「わた」がまた旨いですな〜。

レストラン過去記事「あさりの山椒煮

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 16:35 | 埼玉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 貝類

2009年02月08日

天然寒ぶりの「かま」

09020802.jpg

ぶりが美味しい季節ですけど、その中でも特に大きな天然寒ぶり
の「かま」が手に入りましたよ。

どうです、この霜降りはちょっとした牛肉のようですが、
天然物の脂は臭みも無く、身もしっかりして旨いですぞ。

■はらすの塩焼き

■はらすの塩焼き

「かま」の下、一番脂がのった「はらす」の部分です。
これは塩焼きですよね。
多めに塩を振り、焦がさないよう気を付けながら
なるべく強火で焼きます。

焼けたらたっぷりの大根おろしに柚子皮の繊切りを添えて、
醤油をかけて粉山椒をふり…
「いっただきま〜す!」
「旨さ」を文字で表現するのは実に難しい事を
改めて実感した瞬間です。
後はご想像にお任せしますね。

■ぶりかまの照り焼き

■ぶりかまの照り焼き

@小鍋にお酒、みりんを入れて熱し、砂糖、醤油を加えて
煮詰めておきます。

ぶりのかまには熱が通りやすいよう深めに飾り包丁を
入れて塩を振ります。

フライパンに油少々を熱しぶりのかまを焼きます。

身が厚いので両面を強火で焼いたら蓋をして蒸し焼き
にします。

焼けたら@を回しかけて出来上がりです。
素材が良ければ何しても旨いですよね。

09020804.jpg

■ぶりかま大根

これも定番の料理ですよね。

大根は厚手に輪切りにして皮をむき、面取りします。

沸騰した湯に大根を入れ下茹でしておきます。

ぶりのあらを熱湯にさっと通して霜降をして取り出し、
流水で汚れや血を洗い流しざるに上げ水気を切ります。

鍋に水、お酒、みりん、醤油、うす切りした生姜を入れ、
煮たったら大根、ぶりのあらを加え強火で煮ます。

あくを取ったら中火にし押し蓋をして「ぐつぐつぐつっと」
大根が柔らかく、味が充分に染み込むまで煮ます。

器にぶりのあらと大根を盛り、
熱々をふ〜ふ〜しながら…
「いっただきま〜す」

09020805.jpg

■ぶりで潮汁

あらは塩をたっぷりまぶして10分ほど置きます。

流水で塩を洗い流し、適当な大きさにぶつ切りしてから
熱湯にサット通して水にとります。

血や汚れをきれいに洗い流し、ざるに上げておきます。

鍋に水を沸かし、たっぷりのお酒を入れ煮立ったらあらと
うす切りした生姜を加え煮ます。

魚の臭みが苦手な方は、梅酢があれば少々入れるとさらに
魚の匂いが消えますよ。

で、味付けは今回も塩だけです。

椀に盛って茗荷の繊切りと小口切りしたネギを浮かべて…
「いっただきま〜す」

出汁は入れなくてもあらだけで充分旨味が出ますが、
旨味が足りなければ昆布出汁などを加えて
調節してくださいね。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 17:57 | 埼玉 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ブリ、イナダ

2009年02月01日

カンパチでカルパッチョ

■カンパチでカルパッチョ

■カンパチでカルパッチョ

高価なので、小ぶりで値の手頃の物があれば必ず買う程、
鯛やヒラマサ等と共に大好きな「カンパチ」です。

出世魚ですので実際には「カンパチ」とは
呼ばないのでしょうが、これでも充分その味を堪能できます。

■カンパチ

皿に海草を盛り、カンパチを五枚に下ろして皮を引いた
背の部分を刺身に切り分けて盛り付けます。

塩、コショーをふりバージンオイルをかけ回して
真ん中に「黄金イクラ」を盛ります。

細かく刻んだパセリをふり、レモンの絞り汁をかけて…
「いっただきま〜す!」

■カンパチのお刺身

■カンパチのお刺身

腹身はそのままお刺身で…

身が緻密でつるつるコリット、程よい甘めの脂が実に
旨い!

■カンパチのお吸い物

■カンパチのお吸い物

何時ものようにあらで出汁を取り味付けは塩だけです。

上品な旨味に柚子の香りが良く合いますぞ。

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 10:11 | 埼玉 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | カンパチ

2009年01月01日

明けましておめでとうございます

謹賀新年

■明けましておめでとうございます

昨年中は多くの方からコメントや
励ましのメールを頂き有難うございました。

今年も、自慢にもならない酒の肴を自慢しちゃいますので
あきれずにお付き合い下さいネ。

40usi.gif


posted by とめごろう at 10:28 | 埼玉 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | おやじの日記

2008年12月21日

甲イカの昆布締め

甲イカの昆布締め

甲イカの昆布締め


スルメイカに飽きてきた丁度これからが旬の甲イカです。
身が厚く、ねっとりとした口ざわりで甘みがあり
美味しいイカですよね。
捌くのも、特に皮むきが表裏ともつるっと剥けて
スルメイカより簡単ですが、
ちょっと値の高めなのが残念です。





甲イカの昆布締め

甲イカの昆布締め

山女金零

■甲イカの昆布締め

昆布はキッチンペーパーなどでお酒を湿らせて柔らかくして
平に延ばします。

柵取りした甲イカを昆布に挟み、ラップに包みカラのお皿などで
軽く重石をして冷蔵庫に一晩寝かせます。

わくわくしながら冷蔵庫から取り出し削ぎ切りして
お皿に盛ります。

先日、チップソースさんから送っていただいた貴重な
ヤマメの卵、黄金イクラを天盛します。

では、ワサビ醤油で…
「いっただきま〜す」

昆布の香りと甲イカの甘み、そして黄金イクラの
プチプチした食感と風味が絶妙ですぞ。

興味のある方は→「山女金零」のサイト

■ゲソのウニ和え

■ゲソのウニ和え

甲イカのゲソは、塩茹でしてザルに上げ水気を切って
食べやすい大きさに切り分けます。

ボウルに瓶詰めのウニをみりんで延ばし、醤油少々と
練りワサビを加えて良く混ぜ合わせます。

ここにゲソを入れて良く和え器に盛り
ウニを天盛します。

■甲イカのワタ煮

■甲イカのワタ煮

脚を切り落として墨袋を指で取り除きます。

小鍋に酒、みりんを熱し生姜の繊切りを入れ、
醤油で濃い目に味付けをしてワタをさっと煮ます。

器に盛って柚子の皮の繊切りを天盛します。

これもまたなかなかの珍味ですが、
明日もまた二日酔いかな〜!?

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 15:30 | 埼玉 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | イカ、タコ

2008年12月11日

干し大根の糠漬け

干し大根の糠漬け

もうお正月ですね。
特に最近、
何故か年月の経つのが早く感じるようになりました…?

お目出度い筈の正月の「おせち料理」と言っても、
今や一年中食べられる物ばかりで、特に作って食べてみたい
と思う物はあまりありません。

そんな中で、寒風にさらして作る干し大根は、今頃でないと
手に入りませんよね。

干し大根の糠漬け

■干し大根の糠漬け

今年も群馬県産の干し大根で「たくあん」を漬けましたが、
すぐには食べられないので数本をぬか床に漬けて愉しみました。

これなら3日ほど漬ければ食べられますからね。

パリパリポリポリと酒がすすみます。

で、「たくあん漬け」ですが、昨年は春先まで持たせようと
塩を強めにしましたが、今年は3%に抑えて甘めになるよう
漬けました。さてさて、今日で一週間経ったので樽の中を
覗いてみたら見事に水が上がっています。

この調子なら何とか正月には食べられそうですよ。
正月より「たくあん漬け」が楽しみだ〜!

過去記事「たくあん漬け

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 10:58 | 埼玉 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | おやじの漬物

2008年12月07日

牡蠣のチップソース(西洋醤油)炒め

■牡蠣のチップソース「西洋醤油」炒め

先日、チップソースさんからのご好意で「西洋醤油」を
送って頂きました。
試行錯誤しながら色々料理に使いながら試してみましたが、
この牡蠣料理がベストマッチするみたいです…いまのところ。

■牡蠣のチップソース「西洋醤油」炒め

牡蠣は塩水を何回か取り替えながら、やさしくゆすり洗いして
ザルに上げ、ペーパーなどで水気を拭き取ります。

フライパンに油を熱し、つぶしたにんにくを弱火で炒めて
香りを出します。

焦げてきたらニンニクを取り出し、火を強めて牡蠣を入れます。

蓋をして蒸し焼きにし、水気が無くなり熱が通ったら
「西洋醤油」をまわしかけ、フライパンをゆすりながら
一煮立ちさせれば出来上がりです。

思い切って味付けは「西洋醤油」のみで仕上げてみましたが、
牡蠣の濃厚な風味と良く合います。

興味のある方はこちら→「西洋醤油」のサイト

牡蠣のオイル漬けの際の味付けにも使えそうです。
→過去記事「牡蠣のオイル漬け

まだまだ研究途上です。
他にも上手くできたらまたご紹介しますね。

08120702.jpg

■牡蠣の佃煮

牡蠣は塩水を何回か取り替えながら、やさしくゆすり洗いして
ザルに上げ、ペーパーなどで水気を拭き取ります。

生姜は繊切りします。

一年前に作った実山椒の醤油漬けを包丁で叩いて潰しておきます。
→過去記事「実山椒の醤油煮

小鍋に水を沸かし、酒とみりんを加えて煮立てます。

牡蠣が隠れる位の煮汁に調整して「西洋醤油」、生姜、
砂糖、実山椒を入れ、牡蠣を加えます。

中火の弱火で焦がさないように煮込み、
煮汁が無くなったら蜂蜜を加えて出来上がりです。

火を止めて冷まします。

「西洋醤油」はあまり熱を加えるとせっかくの風味を
損なうようです。
半量を仕上げに加えるべきでした…反省!

でも充分旨い!

今夜はこれで…
「かんぱ〜い!」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 13:50 | 埼玉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 貝類

2008年11月02日

金目鯛鍋

金目鯛鍋

これから益々脂が乗って美味しくなる金目鯛です。

刺身や煮つけ、味噌漬けにしたりと良く食べる魚ですが、
今夜は久しぶりに鍋にして一杯愉しみました。

金目鯛

■金目鯛鍋

@鍋に水と出し昆布を入れ暫く置いておきます。

金目鯛はウロコを取り5枚に下ろして厚めに刺身に切りわけ
ます。ウロコはしっかり取りましょう、口に当たると
興ざめですからネ。

かまの部分は一口大にぶつ切りします。
実はこれが一番旨いのです!

鍋に湯を沸かし「あら」と「かま」を霜降りして
冷水に取り、血合いや汚れを洗います。

@を火にかけ沸騰直前に出し昆布を取り出し、
お酒を加え、「あら」を入れてあくを取りながら煮立てて
出汁をとります。

充分出汁が取れたら「あら」を取り出し、
目の細かいザルなどでこして土鍋に移します。

大皿に白菜やキノコ類、豆腐等を盛り、金目鯛の
刺身と霜降りした「かま」を盛りつけます。

醤油、レモンとすだちの絞り汁、みりん少々、
おろし生姜、鰹節、小口切りしたネギをあわせて
「つけダレ」を作って置きます。

さて、これで準備OKですよ。

簡易コンロに土鍋を載せ、出汁が沸騰したら
熱燗をお猪口に注いで…
「かんぱ〜い!」

金目鯛

■雑炊

鍋には旨味がたっぷりのスープが残っています。
「うどん」も旨いがご飯を入れて「雑炊」に
しました。

鍋の残り物をきれいに網ですくい沸騰させてから
ご飯を入れます。

さっと煮たてたら塩と醤油少々で味を調え、
溶き卵を回し入れサットかき回して火を止めます。

あまり煮立てずにさらさらっとした方が好きですネ。

茶碗に盛って小口切りしたネギを散らして
出来上がり〜。

「あっちっち〜!」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 15:00 | 埼玉 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 鯛類

2008年09月21日

イカのワタ焼き

イカのワタ焼き

■イカのワタ焼き

イカを料理した時に余るワタとゲソを
アルミホイルで包んで焼く、「イカのワタ焼」は、
簡単で酒の肴に良く合いますよね。

で、そんな美味しいワタを使ってこんなの作ってみました。

イカは脚を抜き胴を開いて水で綺麗に洗い、キッチンペーパー
等に包みしっかりと水気を拭き取ります。

脚からワタを切り取ります。

ワタを細かい目のザルなどで裏ごしして味噌、酒、みりん
を加えて混ぜ合わせて漬けダレを作ります。

網の上でこのタレでイカを漬け焼きします。

焼いては漬けを数回繰り返して、こんがり焼けたら
出来上がりです。

この臭いがたまりません!焼けたての熱々を食べやすい
大きさに切り分け、ビールを開けてつまみながら
器に盛り、ネギを散らして…
「かんぱ〜い!」

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 15:06 | 埼玉 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | おやじの日記

2008年09月14日

モーカサメの味噌漬け焼

モーカサメの味噌漬け焼

■モーカサメの味噌漬け焼

モーカサメ(宮城産)の切り身を、いつもの味噌床に
漬け込んで焼きました。

この味噌床の作り方は以前に載せましたが、
今回は白味噌に赤味噌を2割ほど加えてみました。

鍋に酒粕400グラムを入れ、弱火でお酒とみりんで溶かします。

とろとろに溶けたら少しずつ白味噌800グラム、赤味噌200グラムを加え、
味見しながら砂糖を入れて混ぜ合わせていきます。

お酒で調節しながら所謂「耳たぶ」の柔らかさになるよう
混ぜ合わせます。

粗熱がとれたら容器に入れて、数日寝かせて味噌床の完成です。

モーカサメの切り身に軽く塩を振り、暫く置き、
水気を良く拭き取ってから味噌を塗り、ビニール袋に
入れて空気を抜きます。

1〜4日ほど冷蔵庫で寝かせます。

味噌を水で洗い流し、しっかり水気を拭き取り
網の上で焼きます。

酒の肴に良く合いますよ。
ではでは…
今夜も「かんぱ〜い!」


QR_Code.jpg
携帯電話でもご覧になれるよう
携帯電話携帯版、団塊の世代の中年おやじ」を立ち上げました。


恥ずかしながら、「とめごろうの男の手料理」自慢にもならない
酒の肴を、なんとビデオで自慢しちゃってます。

今回の素材は「アジ」。次回は「サンマ」の予定です。
下ろし方から載っていますので興味のある方は是非
ご覧になってくださいね。

映画とめごろうの男の手料理

レシピプログに参加中です!

レシピブログへ
posted by とめごろう at 12:41 | 埼玉 ☔ | Comment(7) | TrackBack(1) | その他魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。